2011年11月08日

ゲームをするとなぜ時間がたつのを忘れてしまうのか? バーチャロン


■ 「月刊ニュータイプ」誌で、電脳戦機バーチャロン集中連載開始!

11月10日発売のアニメ雑誌「月刊ニュータイプ 2011年12月号」より、カトキハジメ先生描きおろしの「電脳戦機バーチャロン」短期集中連載開始です!!

どんなバーチャロイドが出るかはおたのしみということで^^

奇跡のガラヤカ! 気軽に楽しめるフィギュアになっているようです。
1/100 バーチャロンシリーズ TG-11-M “ガラヤカ” はんまぁスペシャル [おしおき★パピポン]


バーチャロイドのフェィの顔も付くようです。
COMPOSITE Ver.Ka VR-014/HD フェイ・イェンHD








■ ゲームをするとなぜ時間がたつのを忘れてしまうのか?

ゲームのプレイ時間と、「時間的展望(タイム・パースペクティブ)」と呼ばれるものの相関性を計る調査が行われた。
その結果、ゲーム好きな人は、現在を重んじる傾向が強いことがわかったという。

「時間的展望」とは3年前に提唱された概念で、私たちの意識における、過去・現在・未来への志向の強さを表している。
過去の経験や現在の刺激、そして、未来に予期される出来事に対する注意の向け方は、人によって偏りがあるらしい。

しかも、過去志向と現在志向はそれぞれ、「過去肯定型(過去を肯定する)」と「過去否定型(過去を否定する)」、「現在快楽型(今を楽しむことを大切にする)」と「現在運命論型(自分にもたらされる出来事は運命によるものだと考える)」に分けられる。
これらと「未来志向型」を合わせた5つの志向が、人格を左右する要因になっているようだ。

研究者が集計したデータを解析したところ、長時間プレイと現在志向には強い相関性が認められた。
またその逆に、未来志向との相関性は低かったという。
未来志向型の人は、将来のことを考えると時間がもったいなくて長時間プレイをしない、ということか。

しかし、本当に面白いのはここから。一見、ゲーム好きな人は「現在快楽型」のようだが、実は「現在運命論型」の傾向が強いのだという。対して、薬物中毒やギャンブル中毒に悩まされる人は「現在快楽型」の傾向が強いのだから、大きな違いだ。

「現在運命論型」の人は、不満・攻撃性・抑鬱といった否定的な感情に悩まされがち。
ゲームを長時間遊んだためにそうなったのかもしれないが、逆に、もともとその傾向が強い人が、ゲームを長時間プレイすることで否定的な感情を軽減できていると考えることもできる。
つまり、ゲームは薬物やギャンブルと違って一時的にハイになるための手段ではなく、小説や映画と同様に、現実逃避の手段になっていることが示唆されているわけだ。

わたくし厨房時代にRPGをプレイしまくりましたので、現実逃避してたわけですね^^
最近は別なコトに集中していますので、ゲームはごぶさたであります。
厨房の頃より未来志向になったわけです。

作りはしっかりしているようです。
T500 RS GT RACING WHEEL


プレイシート GT








posted by くまちゃん at 03:44| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。